【料理を頑張りたくない人へ】ヨシケイのミールキット(プチママ)の体験レポート!作ってみて分かったメリットとデメリット

ヨシケイのミールキット(プチママ)の体験レポート!作ってみて分かったメリットとデメリット ミールキット

ご飯の献立を考えて、買い物に行って、料理をして……。

大変だし面倒でもあるけど、「自分がやらなければいけない」というのがツラいところですよね

ヨシケイ』のミールキットは、5食分のメニューがセットになって自宅まで配送されるため、献立を考える必要がありません

またメインと副菜をあわせて、わずか20分で調理できるため時短にもなります。

この記事ではヨシケイのミールキットについて、

  • 4つのコースの解説
  • 実際に5日分を作った感想
  • メリット・デメリット
  • 口コミの調査結果
  • 注文の流れ

について紹介していきます。

「もう料理で頑張りたくない!」「少しでも楽においしいご飯を食べたい!」そう考えている方は、ぜひ一度この記事を読んでみてくださいね。

ヨシケイのメニューは4コース

ヨシケイのお試しミールキットは4つのコースから選べる

ヨシケイのお試しミールキットには、4つのコースがあります

時短に特化したキット、外食のようなご飯を作れるキットなど、特徴はそれぞれ。

違いを簡潔にまとめたのが下記の表です。

コース調理時間1食あたり特徴価格
すまいるごはん
プチママ
20分300円・メイン1品+副菜1品
・離乳食レシピあり
・定番おかず
・2人用3,000円
・3人用4,500円
・4人用6,000円
カットミール10~15分300円・食材がカット済み
・時短に特化
・メイン1品+副菜1品
・2人用3,000円
・3人用4,500円
・4人用6,000円
バリエーション35分350円・外食のような本格レシピ
・メイン1品+副菜1~2品
・2人用3,500円
・3人用5,250円
クックダイニング15分350円・1品手作り+1品お惣菜
・時短でも外食のようなご飯
・2人用3,500円
・3人用5,250円

すまいるごはん プチママ

すまいるご飯プチママ

プチママは定番レシピを中心とした、時短メニューが特徴です。

20分でメイン1品+副菜1品を作れます。

はじめから食材の一部がカットされていたり、味付け用の小袋が付いていたりと、お手軽だけどしっかりと美味しい料理を作れるのがポイントです。

どのレシピも炒めて味付けをするだけなど、とても簡単に作れるため、料理が苦手な方にもおすすめです。

また大人用から取り分けて作る離乳食レシピもあるため、小さなお子さん用に、別で献立を考える必要がありません。

すまいるごはんプチママの基本情報
調理時間20分
1食あたり300円
特徴・メイン1品+副菜1品
・離乳食レシピあり
・定番おかず
価格・2人用3,000円
・3人用4,500円
・4人用6,000円

カットミール

カットミール

カットミールは、プチママよりも更に時短に向けたコースです。

1食あたり10分~15分という驚きの早さで、メイン1品と副菜1品が完成してしまいます。

ほとんどのお肉や野菜、魚がカット済みで届けられて、包丁のカット数が最大でも3回というのがウリになっています。

食材を切るたびに、包丁やまな板を必要がないので、とにかく時短で楽をしたいという方におすすめです。

カットミールの基本情報
調理時間10~15分
1食あたり300円
特徴・食材がカット済み
・時短に特化
・メイン1品+副菜1品
価格・2人用3,000円
・3人用4,500円
・4人用6,000円

バリエーションコース

バリエーションコース

バリエーションコースは、おうちで外食のようなメニューを食べられるコースです。

自宅ではなかなか作らないようなカフェごはんや、おしゃれなトレンドレシピが揃えられています。

時短推しのコースではないのですが、本格的な料理が約35分で作れるため、美味しくて凝ったメニューが食べたい方にとっては十分に時短できていると言えます。

  • いつも同じような料理ばっかり作ってしまう
  • 外食したいけど子どもが小さいから難しい

という方にも向いていますね。

バリエーションコースの基本情報
調理時間約35分
1食あたり350円
特徴・1品手作り+1品お惣菜
・時短でも外食のようなご飯
価格・2人用3,500円
・3人用5,250円

クイックダイニングコース

クイックダイニングコース

クイックダイニングコースは、外食のようなメニューを時短で作りたい方向けのコースです。

1品が手作り、もう1品がお惣菜という組み合わせになっていて、調理時間は1食あたり約15分。

でも時短だからと言って適当なメニューではなく、めかじきのムニエルやアクアパッツァなど、自宅では作らないようなレシピが多めです。

とにかく楽に、おしゃれなご飯を食べたい方に向いています。

クイックダイニングコースの基本情報
調理時間約15分
1食あたり350円
特徴・外食のような本格レシピ
・メイン1品+副菜1~2品
価格・2人用3,500円
・3人用5,250円

実際に作った5日間お試し(プチママ)

「ヨシケイのご飯って、実際どんな感じなの?」
「本当に時短になるの?」

という方も多いはずなので、ここでは私が実際にプチママを利用してみたレビューをします!

プチママを選んだ理由は、息子でも食べられそうかな?と思ったのと、単純にその時のメニューが美味しそうだったから…(笑)

ちなみにうちの息子は1歳半なので、味が濃いめのものだけ避けて食べさせたところ、どのメニューもりもり食べていました!

1日目「豚肉のねぎ塩焼き」&「おかずけんちん煮」

ヨシケイ1日目

1日目のメニュー

  • メイン:豚肉のねぎ塩焼き
  • 副菜 :おかずけんちん煮

豚肉の塩だれがおいしい…!

しっかり目の味付けで、お肉も柔らかかったので、ご飯がぐんぐん進みました。

でも、ちょっと味が濃かったので息子は豚肉はパス。

おかずけんちん煮のほうだけ、食べさせることにしました。

けんちん煮は優しい味付けで、普段はニンジンを嫌ってあまり食べない息子が、しっかりと食べきっていました。

調理時間はレシピを見ながらだったので、20分を少しオーバーするくらいでした。

豚肉のほうは小袋に入った塩だれで味付けするだけだったので、かなり楽でしたね。

2日目「カリカリチキン」&「コーンチャウダー」

ヨシケイ2日目

2日目のメニュー

  • メイン:カリカリチキン
  • 副菜:コーンチャウダー

※コーンチャウダーの写真は取り忘れてしまいました…。

1日目もおいしかったけど、こっちの方が好みでした!

カリカリチキンは胸肉ですが、パサパサ感が全然なくて、しっとりと柔らか。

前日の塩だれとは打って変わり、シンプルな味付けが鶏肉の美味しさを引き立てていました。

揚げ物にしか見えないですが、ビニール袋で胸肉と味付けの素を混ぜて、フライパンで焼くだけです。

コーンチャウダーは野菜がたっぷりで、野菜の甘みをしっかりと感じられました。

こちらは野菜がほとんどカットされていたので、鍋で煮て、味付け用のシチューミックスを混ぜて、軽く弱火にかけただけです。

また、この日は塩コショウ以外はすべて味付けが用意されていました。

この日は息子が熱を出してしまっていて、あまり料理に時間をかけられなかったのですが、ササッと調理できたのがすごく助かりましたね。

3日目「サクサク!真ほっけのごま醤油焼き」&「鶏肉と野菜のレンジ蒸し」

ヨシケイ3日目

3日目のメニュー

  • サクサク!真ほっけのごま醤油焼き
  • 鶏肉と野菜のレンジ蒸し

ほっけは冷凍だったけど、調理してみるとホクホクでした!

ごま醤油も香ばしくて、3日目のメニューまででは一番おいしかったです。

フライのような見た目をしていますが、フライパンで少し多めの油で焼くだけで、簡単でした。

水菜もシャキシャキ感があって◎

ただ鶏肉と野菜のレンジ蒸しのほうは、割と普通…。

まずいとかではないのですが、特別おいしいと感じるほどでもなく、良くも悪くも普通という印象でした。

野菜がしっかり食べられるのは良いですね。

息子はほっけが美味しかったようで、私の分を半分近く食べてしまいました(笑)

4日目「フライパンで!石焼風サラダビビンバ」&「豆腐と春雨のスープ」

ヨシケイ4日目

4日目のメニュー

  • メイン:フライパンで!石焼風サラダビビンバ
  • 副菜:豆腐と春雨のスープ

副菜「豆腐と春雨のスープ」

サラダビビンバはお肉の味がしっかりめで、野菜の量が多くてもペロッと食べられました。

野菜の品目が多く、量もしっかりと食べられるのは、ヨシケイの良さのひとつですね。

豆腐と春雨のスープのほうもおいしいけど、こちらは割と普通かな?というお味でした。

5日目「ワンポットナポリタン」&「レンジでサクサクメンチカツ」

ヨシケイ5日目

5日目のメニュー

  • ワンポットナポリタン
  • レンジでサクサクメンチカツ

どちらも1歳半の息子が大喜びで食べていたので、この日は大当たりでした!

息子は食の好き嫌いが激しく、ご飯を残すことが多いのですが、一人でもくもくと食べきってくれたのが、すごく助かりました。

ただ1点だけ気になったのは、キャベツの量がすごく多いことw

千切りにして食べたのですが食べきれず、次の日のおかずになりました。

【メリット】利用してみて良かったヨシケイの6つのポイント

ヨシケイを実際に利用してみて、感じたメリットをまとめると下記の6つでした!

個人的には利用する前から良さそうだな~と想像していたポイントが、実際に使ってみてもそのままメリットに感じました。

毎日の献立を考えなくて良い

私が一番のメリットに感じたのは、毎日の献立を考えなくて良い点です

普段のご飯は、どうしても同じような味付けの料理を作ってしまうことが多く、マンネリになりがちです。

なにかいつもとは違う料理を作ろうと思って、ネットでレシピを検索してもいまいちピンと来ず…。

検索に時間をかけた割には、いつもと同じメニューになってしまったという経験は、誰にでもありますよね。

ヨシケイは毎日届くレシピに合わせて、作るだけなので、精神的にとても楽でした。

ちょっと時間に余裕が生まれた分で、家族の時間を作れるのが嬉しかったです。

調理時間は20分ほどで時短になる

ヨシケイのメニューは、どれも約20分で2~3品を作れるため、調理時間の短縮になります

ヨシケイお試し4コースの調理時間の目安
コース調理時間
すまいるごはん
プチママ
20分
カットミール10~15分
バリエーション35分
クックダイニング15分

私が利用したのは「プチママ」ですが、実際の調理時間も20分ほどでした

料理が得意な方にとっては20分は普通かも知れませんが、私のような料理初心者からすると感動的な早さです…!

野菜がたくさん食べられる

利用する前は予想していなかったのですが、ヨシケイは野菜をしっかりと食べられるレシピばかりでした

ヨシケイのメニューは国家資格をもった管理栄養士が開発をしているため、栄養バランスも徹底的に考えられています。

  • 今日は野菜が少ないから、一応ほうれん草のお浸しでも作っとこう……
  • お肉ばかりだから、とりあえず豆腐足しておこう……

というような、”とりあえず”の栄養ではなく、しっかりと身体に良いご飯を食べられます。

育ち盛りのお子さんがいる家庭だと、特に助かるポイントですね。

野菜の量が多めなので、見た目以上にお腹も膨れるメニューが多かったです。

買い物に行く手間がなくなる

ヨシケイは毎日決まった時間帯になると、担当の配達員さんが食材を自宅まで届けてくれるシステムです。

そのため、買い物に行く手間がなくなることも、大きなメリットのひとつでした

小さなお子さんがいる家庭だと、軽い買い物のつもりでも、

  • カートに乗ってくれない
  • いつの間にか買い物カゴに商品が入れられてる
  • 帰ろうとするとグズる

など、買い物に行くだけでも大変ですよね。

うちの場合は、気付いたら1時間近く過ぎてしまっていることもザラです。

ヨシケイでは、自宅で家事を済ませている間に自宅まで届けてくれるので、すごく楽でした。

不在時でも受け取りができる

ヨシケイは、不在時でも受け取りができるのも良い点でした

申し込んだ際にエリアの担当者さんと、不在時の対応を決めておけば、その対応をしてくれます。

ヨシケイの受け取り方法の例

  • 宅配ロッカーに入れる
  • ポストのそばに置く
  • オートロックの外に置く
  • マンション管理人さんにオートロックを開けてもらい、家の前まで運んでもらう

など、電話で話した内容では柔軟に対応してくれる様子でした。

また、食材は保温用の発泡スチロールに入っていて、大きめの保冷剤も入っているので安心です。

家に帰れば食材が用意されているので、日中はお仕事をされているでも利用しやすいですね。

生ゴミの量が少ない

届く食材は、基本的にすべて食べられる箇所だけなので、生ゴミの量が少ないこともメリットでした

キャベツの外側をめくったり、ニンジンのヘタを捨てたり、三角コーナーに生ゴミが溜まったり……なんてことがないので、ゴミ箱のニオイも出ませんでした。

1食分の量がちょうど良いので、残り物を腐らせてしまう心配もなかったです。

【デメリット】ヨシケイはここが気になった!

味も美味しいし調理も楽なヨシケイですが、使ってみてデメリットに感じたポイントもありました。

個人的に感じたのは、下記の3点です。

コスパは特に安くない

ヨシケイのお試しミールキットは、2人用5食セットで3,000円。

1食あたりは300円なので、特別コスパが良いというわけではありません

自炊している場合と比べるとやや高めで、他の食材宅配やミールキットと比べると安めといったところです。

時短目的よりも、とにかく安く済ませたいと考えている人にとっては、イマイチに感じるポイントでしょう。

個人的には1食300円で栄養バランスが取れて、時短になるならアリかなと思いました。

ボリュームは特別多いわけじゃない

ヨシケイの1人前の量は、普通~少し多めくらい。

私と妻は全く問題ないくらいの量だったけど、たくさん食べたい方にとっては少し物足りないかも。

牛丼の大盛りでお腹いっぱい!と思うくらいの人なら全く問題ない

好きじゃないメニューになる日もある

ヨシケイには、1週間分のメニューをまとめて注文できるコースがあり、非常に便利です。

しかしこのコースでは、当然好きじゃないメニューになってしまう日もあります。

とはいえ1日ごとに料理を注文していくのは簡単にできるので、そこまで大きなデメリットではないですね

ヨシケイのネット注文画面

このようにネット注文の画面では、◯月◯日のメニューとして各コースの料理が掲載されています。

「1日ごとに注文するのも面倒だから、とにかく全部任せたい!」という人の場合は、好きじゃないメニューが混じってしまうことには注意してください。

ヨシケイ利用者の良い口コミ

個人的には満足度の高いヨシケイのサービスですが、「他の利用している人の意見はどうなんだろう?」と思い、口コミも調査しました。

ヨシケイの良い口コミ

    1. 時短になる
    2. 作るのが楽
    3. おいしい

それぞれいくつか紹介しますね。

良い口コミ1:時短になる

料理が苦手な人でも、時短になったという口コミが多く見受けられました

ヨシケイはほとんどのコースが15~20分ほどで調理できる上に、買い物に行く必要もないため、空いた時間で他のことに使えますね。

良い口コミ2:作るのが楽

時短に次いで、作るのが楽という意見も多くありました

特にお子さんがいる家庭など、何人分もの料理を作るときにメリットが大きそうです。

良い口コミ3:おいしい

3つめの口コミは、味がおいしいというものです

ご自身が作られた料理はもちろん、「料理が苦手な旦那さんが作っても美味しかった」という意見もありました。

私自身も作っていて感じたことですが、おいしくて健康的な料理を、楽に時短で作れるという点が評価されているようです。

ヨシケイ利用者のイマイチな口コミ

ここでは口コミを調査する中で見つけた、悪い口コミも紹介します。

ヨシケイのイマイチな口コミ

  1. 値段は少し高め
  2. 味がふつう
  3. ボリュームが少なめ

値段は少し高め

値段は高め、という意見もありました。

ただし食材の産地が明記されているなどのメリットもあるため、安心できる食材と考えると妥当な金額なのかな、と思います。

味がふつう

「味はふつう」「たまにハズレもある」という意見も見受けられました。

私もヨシケイのメニューを食べている中で、ふつうに感じる料理も、「めっちゃ美味しい!」と感じる料理もありました。

主菜はどれも美味しいけど、副菜は割とふつうに感じることが多かったかな?

ボリュームが少なめ

個人的には感じなかったのですが、がっつりと食べたい方にとってはボリュームが少ないように感じるようです。

たくさん食べる方や、中学生や高校生の男の子がいるような家庭では、もう1品追加するなどの工夫は必要ですね。

ヨシケイを利用するべきなのは”献立を考えるのが面倒な人”

ここまでの内容を踏まえて、ヨシケイを利用するべきなのは下記のような人です。

  • 誰かに献立を考えてもらいたい人
  • とにかく楽にご飯を作りたい人
  • 料理にかかる時間を短くしたい人

ヨシケイの便利なポイントは、献立をすべて考えてくれるところです。

特に「毎日同じようなメニューばかり作ってる」と感じている人や、「献立を考えるのが面倒くさい」と感じている人にとっては、間違いなくおすすめできるサービスです

また調理がとても簡単なので、とにかく楽に、時間をかけずに料理を作りたいという人にも相性の良いサービスです。

お試しミールキット注文するための5つの手順

ヨシケイのお試しミールキットは、ネットから簡単に注文できます。

STEP1:公式サイトからお試しするコースを選ぶ

『ヨシケイ公式サイト』から、お試しするコースを選びます。

コースは、

  • プチママ
  • カットミール
  • バリエーションコース
  • クイックダイニングコース

の4つから選択できます。

ヨシケイのお試しミールキットは4つのコースから選べる

STEP2:注文する週を選ぶ

お試しコースを配達してもらう週を選びます。

お試しコースでは、翌週を含めた3週間の中から、1週間を選択できます。

配達してもらう週を決めたら、右下の「この週のメニューを申し込む」をクリックします。

ヨシケイの申し込み手順2

STEP3:注文フォームに必要事項の入力

申し込み人数や、お名前など必要事項を入力していきます。

この画面には支払い方法が記載されていませんが、ヨシケイは注文後の担当者との電話の際に、支払い方法について話します。

ヨシケイの申し込み手順3

必要事項を入力したら、ネットからの注文は完了です。

STEP4:配達担当者からの電話確認

注文が完了したら、当日~翌日の間に担当者からの電話確認が入ります。

電話では、支払い方法や配達の時間帯などをかんたんに決めるだけなので、5分ほどで終わります。

私の場合は、初回の支払いのみコンビニ払いになるとのことでした。

STEP5:指定していた日時に食材を受け取る

あとは指定していた日時になると、地域の配達担当者が食材を届けてくれます。

大きな時間差もなく配達してくれたので、お出かけの予定がある日でも時間の調整がしやすいです。

※記事の前半にも書いたように、不在時の受け取りも可能です。

ヨシケイの宅配・梱包

事前に担当者さんと打ち合わせしていた通りの時刻で、感じの良いお姉さんが食材を持ってきてくれました。

電話で話していたとおり初回はコンビニ払いが必要とのこと。

特に営業感のある会話もなく、食材が入った発泡スチロールだけ渡してすぐに帰っていきました。

ヨシケイの配送用発泡スチロール

発泡スチロールを開けると、中には野菜や豆腐などの食材が入っています。

野菜の下には仕切り板が入っていて、その下にお肉が入れられていました。

ヨシケイの発泡スチロールの中身

お肉と野菜が一緒にならないように梱包されているのは、地味に嬉しいですね。

またかなり大きな保冷剤が入っているので、不在時の受け取りでも安心できそうです。

プチママのお試しでは、グリーンリーフ、青菜、ごぼう、にんじん、太葱、豚切り落とし、もめん豆腐、塩だれ、焼きちくわが入っていました。

ヨシケイの一食分の食材一覧

いつも1~2種類の野菜しか入れていない私としては、しっかりと野菜の種類があるのが嬉しいです。

この日のメイン「豚肉のねぎ塩焼き」は個包装の塩ダレで味付け。

ヨシケイの味付け用の小袋

他に使用する調味料の、ごま油、だし汁、しょうゆ、ゆりん、酒は自分で用意する必要がありました。

てっきりレシピも入っているのかと思っていたら、レシピはホームページから確認する必要があるようです。

まとめ

ヨシケイのミールキットは、とにかく楽にご飯を作りたい人や、献立を考えるのを面倒に感じている人におすすめのサービスです。

5日分もしくは6日分がコースになっていて献立を考える必要がないので、毎日クックパッドを見ながら、レシピを探し続ける不毛な時間から開放されます。

また1食あたりの調理時間も15分~20分ほどで済むため、仕事帰りでササッと調理できて、おいしいご飯を食べられます。

お試しミールキットなら1食あたり300円と、コンビニ弁当の半分程度の金額なので、ぜひ一度試してみてください。

コメント